予約 お問い合わせ 024-935-4690 求人情報
妊娠中の歯科治療

はじめに

  • 1
  • 2

妊娠期間中の妊婦さんの精神的不安や肉体的な負担は非常に体を疲れさせます。つい、お腹の胎児に気を配り、自分の体の事は後回しになりがちです。また、出産後の赤ちゃんのお口の中は無菌状態で生まれてきます。
そのため、今までは気が付かなかった体の異変が出やすいのが現状です。特にお口の中はその変化が出やすいと言われています。妊娠中のお口のトラブルにはどの様なものがあるのでしょうか?

虫歯

妊娠中の口腔内はつわりの影響等で、唾液が酸性に変わりやすくなります。
1. 原因は、齲触の原因となる最近から出る酸を中和する力が弱くなるため
2. つわりなどで、一度に多く食べられず、食事の回数が増え、口の中が酸性に傾く回数が多くなること
3. 歯ブラシを口の中に入れると気持ちが悪くなるために、十分に歯磨きをすることが出来ない

歯周病

妊娠すると、口腔内環境に著しい変化が起こります。これは妊娠する事により、女性ホルモンの分泌量が増えます。>>[表1]歯周病原菌はその分泌された女性ホルモンに集まる性質にあり、どんどんと歯周病原菌が増えて、歯肉が腫れていきます。

写真1

妊娠中、歯肉からの出血や腫れがひどい場合は、歯石除去と歯磨き指導を行いますが、特に歯肉が腫れている場合は、柔らかめの歯ブラシを使ってもらう場合があります。>> 写真1

表1

親知らずの痛み

免疫力が落ちている妊娠中は、親知らずが腫れたり、痛みが出る場合があります。これは、親知らずの虫歯や周りの歯肉の炎症が原因です。
深刻でない場合は、産後に治療する方がいいです。しかし、ひどくなると妊婦さんが熱を出してしまう場合もあるため、必要があれば妊娠中でも治療は抜歯を行います。母子ともに安全な対応を考えるため、場合によっては、病院へ紹介する場合もあります。

  • 1
  • 2
このページの先頭へ
〒963-8041 福島県郡山市富田町下双又14-281 COPYRIGHT©2015 POLARBEAR DENTAL OFFICE